簿記1級独学勉強法~合格までの独学日記~

簿記1級独学の勉強法やおすすめの本などを記載していきます。日商簿記1級の学習時間は6ヶ月から1年に及ぶと言われています。「絶対合格する」というモチベーションを維持するためにも簿記1級独学日記を続けていきます。今、独学で学習されている方にも見ていただけると幸いです。

簿記1級対策 無料音声解説はこちら

柴山式短期合格簿記学習法 日商簿記検定1級対策

簿記1級勉強法

日記

転職活動メモ

2013年12月31日

2013年12月31日(火)

こんにちは。

今日は、気持ちの良い朝でした。

一年を締めくくるのにとても良い気持ちになりました。

さて、簿記です。

1級受験を始めて

いつも、よい勉強法はないものかと

思ってきました。

しかし、そんな近道はないことを

勉強を進めるなかで悟りました。

効率よくできる方法は、自分で

試行錯誤しながら

会得するものだと感じています。

私の方法をいくつか紹介します。

1 スケジュール帳をつける。
  
  今日、できたことなどのコメントをつけたり、
  解いた問題などを記入します。

2 問題集をこれと決めたら最後まで解ききる。

  最後まで解ききっても、
  わからなかったところに
  印をつけておいて
  何回も解きなおす。
  覚えるくらいに。

3 工業簿記・原価計算、商業簿記・会計学は
  必ず、毎日両分野に取り組む。

4 自分がわからないところは、他の人もわからないと
  自分を励ます。

ということでしょうか。

そうする中で自分のペースが必ず生み出せると

思います。

今年一年、お疲れ様でした。

来年が飛躍の年になりますように。

乾杯!!


1級へのこだわり

2013年12月30日(月)

こんばんは。

1級って難しいです。でも、確実に合格している人がいます。

税理士への勉強のためにパスポートだったり、

会計士の勉強をする上で必要だったりしますものね。

それらの人と戦うのですから、

「戦う」という言葉が本当にふさわしいかどうかは

わかりませんが、

一緒に試験を受けなくてはならないことは

確かです。

だから尻込みするんですよね。

合格点が70点以上というのも

結構、きついです。

おまけに足切りが「10点」で

1科目でもあったらそこでおしまい、なのですから

きつさは2倍ではなく、2乗になるのです。

でもあきらめない、これを忘れなければ

大丈夫です。

基礎問題を一応、見終わったら

総合問題に挑戦しまししょう。

そこで、つまずくことがあれば、

潔く、基礎問題に戻るのです。

足踏みしてはいけません。

即、基礎問題に戻るのです。

そして、もう一度、解きなおす・・・

間違ったところを自分なりの

ノートにまとめるのが良いです。

工業簿記・原価計算の分野で1冊、

商業簿記・会計学の分野で1冊

作りましょう。

それを通勤などの移動途中や

隙間時間に開いて確認しましょう。

そんなことを続けていると

何かしら良い感触が得られるようになります。

今、私のテキストには

10回位の日付が入っています。

ということは、

そうです。10回見てはじめて

「いけるかも(^_^.)」

と感じられるようになったということなのです。

私は、凡人。どちらかというと

記憶力も衰退気味・・・

しかし、1級受験のお陰で

間違いなく、頭脳が活性化してきました。

そして、簿記だけではなく、

色々なところでプラスに作用しています。

仕事場で年齢を聞かれて本当のことを言ったら

びっくりされてしまうという嬉しいことも

体験できました。

頭を使っていると、老けません。

簿記を続けていると

いいことばかりです。

あきらめなければ、きっと良いことが起こります。

だから私はあきらめません。


1年の終わりに思うこと

2013年12月29日(日)

こんばんは。

寒いです。

一年の終わりに思うことがあります。

「継続は力なり」ということです。

日商簿記2級を終了してから

すぐに1級に進めばよかったのですが、

かなり時間が経ってからの

1級への挑戦であったため、

初めは、正直なところ、

1級の内容がよくわかりませんでした。

知り合いの中には、

途中でやめてしまう人がいたり、

「そんなに1級を頑張って何になるの?」

なんて質問されたりもしました。

一番、傷ついたのが

2回目の受験の時に

初受験の人から「今度、何回目ですか?」

と半分ニヤけ顔で質問されたことです。

その時、私は何回目かを答えませんでした。

そんな質問を受けて傷ついていましたら、

同じ質問をされた人物がいて

早速、意気投合。

意気投合した人物とは、

問題のわからないところを教え合ったりする

お友達になれました。

1級受験の大変さを本当にわかってくれる存在でした。

その人物もご家庭の事情でお仕事に

戻らなくてはならなくなり・・・

私は、また、独学。出家状態となりました。

お友達からランチに誘われても

お断りするしかなくて。

でも続けてよかったです。

まがりなりにも、少し、分かり始めました。

こうすれば、いいんだと

思えるようになりました。

本当に継続は力なり、です。

ポイントは、

どんなに仕事が忙しくても、

工業簿記と商業簿記を

かならず、一日に1問は解くことでしょうか。

nomu.png
button_006.jpg
柴山式短期合格簿記学習法 日商簿記検定1級対策

ウェブページ

Calendar

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

サイト内検索

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合わせは、aaa@@bbb.net よりお願いいたします。
※@は、1つ削除して下さい。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 簿記1級独学勉強法~合格までの独学日記~. All Rights Reserved.